マンション管理組合の役員の皆様を全力でサポート

業務案内

  • HOME »
  • 業務案内

森健一事務所の行う業務についてご案内します。マンション管理組合の状況の把握のための訪問相談や打ち合わせなどは、首都圏であれば無料で対応させていただきます。また、費用を伴う業務については、あらかじめ見積書により必要額を提示し、合意のうえで着手いたします。

相談

管理組合の役員さんなどからのマンション管理に関する困り事などの相談を受け、必要な助言を行います。

・メール相談 (回答はメール返信によります)
<相談料> 無料
※ 住所・マンション名・氏名(役員さんの場合は役職も)の記載がないご相談は、受け付けられません。

・面談
<相談料> 1回/2時間以内10,000円 (延長の場合30分ごとに2,500円、いずれも税別。初回は無料)

※あらかじめ必要資料の送付をお願いする場合があります。
※出張相談は、交通費等(実費)を別途申し受けます。

顧問業務

一定期間または年単位の契約により、理事会の日常業務全般について、トータルな助言、指導、その他のサポートを行います。
<顧問料> 基本業務 月額35,000円(税別)
分からないことがあるとき、問題が生じたとき、サポートを受けたいときに、その都度、マンション管理士に助言、指導、その他のサポートを求めると、マンション管理士は状況を確認したうえでアドバイスしなければならないため、時間がかかります。また、管理組合側も都度の費用負担がかさみます。
顧問契約を締結すれば、マンション管理士が理事会や総会に毎回出席し、リアルタイムで運営状況を把握しながら様々な問題にスピーディーに対応できます。また、管理組合の費用負担もリーズナブルなものになります。

◆基本業務の内容

・毎月の定例理事会、年1回の通常総会、臨時総会に出席して助言
・理事会出席メモの作成(議事録作成の参考、あるいは記録としてご利用下さい)
・理事会、総会議事録のチェック
・理事会以外でのマンション管理に関する相談に随時、対応(メール、電話など)
・掲示物、配布文書、広報誌などのチェック
・月次報告書のチェック
・管理費等の長期滞納者への対応補助
・簡易な理事会資料の作成(A4で3枚くらいまで)

◆オプション業務

専門委員会への出席・助言、議事録の素案作成、理事会ニュース、大規模修繕ニュースの制作などは別途、報酬を申し受けます。詳細は「報酬」をご覧ください。
※顧問料は、管理組合の運営状況と必要な業務の内容に応じて、最適のプランを見積もって提案します。

大規模修繕工事のコンサルタント

マンション管理組合にとって、大規模修繕工事は特別な大事業です。当事務所では、理事会や修繕委員会の運営を補助し、計画から工事完成までの業務運営全般に関して丁寧にしっかりサポートします。
具体的には、理事会や修繕委員会が行う修繕設計者(設計事務所)や施工者(工事会社)の選定の補助や、住民アンケート、住民説明会、苦情への対応などをサポートし、修繕委員や役員の心身負担を最小限に抑えて一大事業の完遂を目指します。同時に、各種の検討事項をはじめとする活動の記録を確実に残し、合意形成や将来の修繕への資料となるよう助力します。

 管理規約の見直し

管理規約は「マンションの憲法」とも言われる重要なルールです。重要な法改正を反映していなかったり、時間が経って組合員のニーズや社会の変化にそぐわないルールになっていたり、見直しは必要だと思いつつ、そのままになったりしていませんか? 当事務所では、管理組合様のニーズに応じて管理規約、細則、届出様式の見直しを行い、組合員への改正趣旨の要約資料作成や、説明会での説明、質疑応答のサポート、ご希望によっては運用マニュアルの作成などもお手伝いします。

管理費の削減、修繕積立金の見直し

分譲マンションの場合、マンションを販売しやすくするために月々の負担を少なく見せるために修繕積立金は当初、低い金額に抑えられる傾向があります。しかし、そのままの金額では長期的にマンションを維持修繕していくための資金は明らかに不足します。将来、修繕積立金が3倍、4倍になってしまったり、数十万円の一時徴収が必要になったりする前に一度計画を見直してみませんか? 当事務所では、管理費を節減して、その分、修繕積立金を増やす方法も提案します。

管理費等の滞納者への対応

管理費や修繕積立金の滞納は、真面目に納入している人に不公平感を抱かせ、ひいては管理組合の運営に支障をきたすようになります。滞納が一定期間を超えると、回収が困難になることも統計から分かっています。
管理費等の滞納状況は、中古マンション購入希望者にとっても気になる情報です。平成27年に発表された国土交通省の「マンションの新たな管理ルールに関する検討会」のパブリックコメント素案には、中古マンションの安全で活発な流通を促進するため、管理費等の滞納状況を開示する義務を課すことが盛り込まれました。
しかし、管理組合の役員さんにとっては、同じマンションの居住者として、滞納管理費等を督促するのは気が重いものです。当事務所では、第三者として督促などについて補助、助言し、滞納管理費等をできるだけ減らすお手伝いをします。

管理会社との管理委託契約の見直し

「管理会社に支払っている管理委託費は高いのではないか?」「管理会社の担当者や管理員の対応に不満がある」など、管理会社に不満を持ったときには当事務所にご相談ください。現状の費用に対してサービスが妥当なのか、もっとよいアイディアはないか、競争原理を導入し、組合員に対しても透明性の高い方法で、管理会社との契約の見直しをご提案させていただきます。

長期修繕計画の作成、改定

長期修繕計画を新規に作成するサポートをするほか、既存の長期修繕計画の妥当性や有効性をチェックしたり、改定案を作成したりします。

役員引継ぎのサポート

多くのマンションでは役員は1、2年で全員が交代してしまいます。管理組合の重要な検討事項が十分に引き継がれなかったり、新しく役員になった人はどうやってよいかわからず、不安になったりします。当事務所ではご要望に応じて、理事会の運営マニュアルのとりまとめや、新任理事さん向けの簡単な資料作りや10分程度でのレクチャーなども行っています。また、最近は東日本大震災の影響から防災マニュアルの整備を進めていく管理組合さんも多くなってきました。当事務所では管理組合業務が円滑に進むための文書化もお手伝いしています。

 外部管理者、外部理事長などとしての業務

マンション管理士が、区分所有法上の「管理者」となって管理を執行したり、理事長、監事、理事として直接、管理組合の運営に携わります。管理組合に不足する専門知識や実務経験を補い、適切な修繕・改修の計画を作り、コスト縮減、内部紛争の解決、役員のなり手不足、適任者不在などに対処します。
<業務料> 月額50,000~150,000円(経費は別途)
※個々の状況、役職に応じた見積額を提案させていただきます。

執筆

記者経験をいかし、マンション管理の様々なテーマについて執筆します。

お気軽にお問い合わせください TEL 047-381-1006 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP