マンション管理組合の役員の皆様を全力でサポート
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ

ブログ

「100年マンション」と、大規模修繕工事15年周期の提案

このところ、「大規模集工事の周期を15年にしてはどうか」という提案が出始めています。 マンションは修繕や改良をきちんとすれば「100年住み続けられる」と言われるようになり、マンション長寿命化との絡みでも注目を集めているよ …

大規模修繕写真

第1回「特定行政書士」考査に合格できました

2014年6月の「行政書士法の一部を改正する法律」の公布を受けて、今年(2015年)12月4日、「特定行政書士」第一号として2,428名が誕生しました。私もその一人として、考査合格の通知をきょう(12月7日)受け取りまし …

yukimasajpg

マンションコミュニティ研究会5周年フォーラムに行ってきました

きょう(2015年11月14日)、東京・日比谷コンベンションホールで開かれた「マンションコミュニティ研究会」(廣田信子代表)の5周年記念フォーラムに行ってきました。あいにくの雨でしたが、多くの参加者があり、熱気のあるフォ …

コミュ研5周年

電力小売り全面自由化を前に 一括受電めざす管理組合が打つ手は

来年(2016年)4月の電力小売りの全面自由化に先立ち、1月から、いよいよ小売り電気事業者と利用者の契約ができるようになります。既に80社以上が小売り事業者の審査を申請しているそうです。 管理費削減の一環として、高圧一括 …

P1010396

マンション保険料アップ、「管理よければ割引」の新保険が救いか

築30年以上は2倍以上に 管理組合が加入しているマンション総合保険の保険料が、2015年10月から大幅にアップしました。この値上げを見越して、直前に買い替えた管理組合も相当あるのではないでしょうか。 とくに築年数の長いマ …

P1010407

専有部分のリフォーム、二重投資を防ごう

マンションも築20年を過ぎると専有部分のリフォームが増えてきます。 その際に注意したいのは、管理組合が計画している設備工事との兼ね合いです。 築20年代の後半からは給水設備、築30~40年代には排水管などの改修が始まりま …

P1010029

専有部分の配管改修、管理組合がやらないとスラム化

マンションの排水管など住戸内の設備配管の改修は、管理組合が修繕積立金を使って全戸一斉に実施しないと、スラム化を招く恐れがあるとの指摘が、先日の日本マンション学会関東支部第2回セミナーでありました。 配管は共用部分だけでな …

P1010399

マンションの管理組合と自治会は一体がいい?

マンションでは、管理組合と自治会が別々に活動しているところもあれば、管理組合と自治会が一体となっているところもあります。どちらが良いのでしょうか。 9月26日に開かれた千葉県マンション管理士会の研修会で、前マンション学会 …

P1010031

マンション管理組合の「病」は軽いうちに「かかりつけ医」に

マンション管理士を顧問にする管理組合が、次第に増加してきました。意識の高い管理組合を中心に、その役割が認識されるようになってきたのだと思います。 さらに最近は、顧問弁護士を付けるマンション管理組合も現れています。 マンシ …

P1010374

地震の時の洗濯機ホース外れ 「緊急止水弁」で漏水防ぐ方法も

前回のブログで、東日本大震災の際に洗濯機のホースが外れて水浸しになるケースが多かったことを紹介し、「洗濯が終わったら必ず給水栓を閉めましょう」と書きました。 我が家でもさっそく実行をし始めたのですが、ずっと水栓を開けっぱ …

P1010405
1 2 »

カテゴリー

PAGETOP